旅行・地域

韓国にて その5 総括

という訳で、今回も結構満喫させて頂きました。

今回は特に会社の韓国人の人に色々教えて貰っていたのが大きかったです。
ガイドブック見てるだけでは知り得ない情報を色々と教えてもらいました。
心配していた母も、良い気分転換になったようで何よりです。

今回は母の為の旅行であったので、基本的に母が行きたい所に連れて行きました。
「色々あったから、今回は疲れない様にゆっくり回りましょう」と宣っていた母。
僕、3日目あたり、下半身がターミネーターみたいになっていたよ。
皮膚ずる剥けのT-1000みたいだったよ。
 
是非、長生きして下さい。
 
 
さて、そう言う訳で無駄に長く続いてしまった韓国旅行記もこれにて終了です。
占いや焼き肉屋さん等、興味がある方は是非行ってみて下さい。教えますので。
とは言え、異国なので最低限の緊張感と共に。
 
 
最後に、韓国で撮って来たお気に入りの写真。
Ts3w0022
僕もまた、行きたいと思います。
 
 
おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国にて その4のその2

少し時間が空いてしまいました。
3日目の新村〜梨大+@です。

まずは新村。ここは先程の学生街からは打って変わって
ちょいとしっかりした街並。

Dsc00822
こんな感じで、オフィスビルやファッションビルが建ち並びます。

Seoul1164
何かちょっとスケールでかい。


ここから梨大までは徒歩で行ける距離、という事で歩いて行ってみました。
梨大はまた若者向けの街に戻り、かなり賑やかな印象。

Seoul1143
こんな感じ。

Seoul1142
こんな感じの。

Seoul1145
梨花女子大学というお嬢様大学。梨大と言う呼び名もこの学校から来ているとか。
 
 
このエリアは何て言うんですかね、何か、新宿みたいな街並ですかね。
若者向けの顔と、少し離れるとオフィスっぽい顔とが混在している街です。
 
 
そう言えば、この街で屋台で買い物をしようとした時の話です。
焼き鳥の様なものがあり、小腹が空いたので食べてみようと思いました。

オバちゃんが切り盛りする屋台に行き、大小あるサイズのうち
小さい方を指差して「これ1つ頂戴」と言うとオバちゃんが
「オ兄サン、日本人?カッコイイネ!オマケ!オマケ!!」
と言って、問答無用で大きいサイズの串を手渡されました。


7d88ddb85f42288b_s
こんなん。
 
 
思わず「ババァ、デケェよ!!!」と言いそうになってしまいましたよ。
 
 
異国でもオバさまキラー、健在。
 
 
総括につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国にて その4のその1

3日目は弘大〜梨大+@。

弘大は所謂大学生の街です。
色んな大学が近くのエリアに点在しているのですが、
ここには韓国1と噂される芸術科がある弘益大学がある街なのです。
何でも、日本で言う芸大なんだとか。
日本で言う多摩美はないのかね?
 
 
学生街という事で街並もとってもオシャレ。
カフェやクラブがそこかしこに点在しており、まさに学生の街って感じ。

Dsc00810
コンクリ打ちっ放しの素敵
カフェ。将来はこんな身体に優しくなさそうな家に住みたい。
 
 
学生街って事で、道を一本路地に入るとこんな風景になります。
Dsc00809_2
趣あるなぁ〜。

33d55b4448631505122125451ec71abe_2
お約束の壁の落書きも。

Img_0383_20110102_156066
こんなのも。干支って事ですかね。
 
 
 
さて、元多摩美生のわたくし。
折角来たのに日本で言う芸大に入らないってのも失礼だろう、
という事で問答無用でズカズカと弘益大学内部へ入って来てやりました。
所謂不法侵入だよね。


Dsc00813
ナイスグラウンド!
 
 
Dsc00815
どうして美大って坂が多いのかしら?
 
 
Dsc00818
突如現れる憩いの緑。
 
 
Dsc00819
まぁ、綺麗。
 
 
わたくし以前、友人の通う一般大学に遊びに行き、授業(ドイツ語)を
受けた事すらありますが今回は建物の中に入るのは止めておきました。
流石に年齢も年齢ですしね。

因にそのドイツ語の授業は生徒数10数人と言うハードルの高さ。
余りにも堂々とし過ぎていたせいか、先生も何も言わずに授業を進めておられました。
 
 
そんな事をしてはいけない!若者達よ!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国にて その3

2日目は明洞。

Afaba41a5f33e71b_s


ココは所謂原宿と渋谷を足して1.5で割ったくらいの濃ゆい街です。
ショッピングにはもってこい!そのお店の豊富さと物の多さにきっと戸惑うばかり!
…と、ガイドに書いてありました。ある程度ホントだと思います。

画像見て貰えばお分かりかと思いますが、休日は露店も大量に出てます。
アクセサリーや小物、食べ物、パチもの(靴下やバッグ他)、服、DVDなど。
新宿とかでジャンプ売ってる露店あるじゃないすか。アレが延々続くとお考え下さい。
因にココ、どのお店でも複数買うと大体値切れます。

2005090714d0044314_1124946
髪留め屋さん。アナタの彼女が山岸由花子でも、きっと大丈夫。
 
 
 
さて、今回明洞に行った最大の理由。
それは前回も行った『占い』に行くためでした。

Dsc00804_2
ココの6階。


Dsc00805
ココ。

今思うと、初回よくこんなコエートコに乗り込んで行ったなと我ながら感心します。
 
 
さて、今回の占いですが、何と先生半年前に訪れた我々の事をしっかりと覚えていてくれました。
通訳の方曰く「日本人の手がジャラジャラした子が来た!」から覚えていたそうです。
ジャラジャラって……。

結果は中々ウキウキする内容で。

・40代〜60代、超絶ウルトラハイパーテラMAX大成功する、何かで。
・ただし、そこまでは今と同じく努力の日々が必要。
・晩婚。
・運命の人にはもう会えてるっちゃあ会えてる…かも知れない。
・服装の趣味、ちょっと変えた?
等等。
 
 
約10年〜30年後、大成功するらしいです。楽しみ。
それまで今の生活を続ける必要があるそうです。泣いちゃう。
結婚は遅いそうです。ほっとけ。
最早精度が低過ぎます。
タモリか。
 
 
そして真打ち、我が母。
前回占って貰った時『旦那と別れた方が良いか?』という驚愕の
質問を息子の目の前で繰り広げた修羅婆。
一体今回はどんな質問をするのか固唾を飲んで見守っていると…
 
 
「妹と揉めているが、思い切って縁切ったりとか考えた方が良いのか」
 
 
止めて先生!!答え聞きたくない!!!あたし怖い!!!

何なんでしょうか、彼女は。無頼派なんでしょうか?
坂口安吾とかの生まれ変わりとかなんでしょうか?
 
 
因にその点については「切った方が良い」とは言われませんでした。
まぁ、僕的には母の好きな様にするのが一番だと思っていますが。
 
 
そして、占いをやってもらった後の我々の会話。

僕「いやー、今回も為になったなぁ。」
母「そうね。ホントにそうね。」
僕「…ところでさ、あの先生、シルベスタ・スタローンに似てるよね…?」
母「!!私も、誰かに似てると思ってた!!」
 
 
という訳で、韓国のスタローン、大変オススメでございます。
興味ある方は、是非。
 
 
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国にて その2

まずは1日目の三成です。

ここはどんな町かと言いますと、オフィス街なのです。
高層ビルが建ち並ぶオフィス街。日本で言うなら有楽町とかですかね。

110604_215601
こんな近未来的なモニュメントもあります。


そんなオフィス街に『ビジネスだけではイカン』と言わんばかりに
『KOEX』という巨大なショッピングモールが存在しています。
ショッピングだけでなく、水族館や映画館等エンタテインメントも充実!
正に一日楽しめる、必ずやアナタを満足させる随一の施設です!!
…と、紹介マップに書いてありました。

Ts3w0018
こんな感じの近未来的なショップ通路が延々続きます。暇つぶしにはもってこいです。
 
 
と、まぁ中々のオシャレ都市と言った感じの三成なのですが、
何故ココを一日目に行ったかと言うと理由があったのです。

実は僕が日々通っている会社のスタッフで韓国人の方がおりまして。
その方が、我々が韓国に行く正にその時!自分も韓国に帰ると。
もし良かったら、どこかで会って晩ご飯でも食べないか、と!

嬉しい話じゃないかね、えぇ?という事で、その人に会いに三成へ向かった訳です。
 
 
ちょいとトラブルがあり少し遅れて待ち合わせ場所に。
ところが、彼の姿が見当たりませんでした。
 
あぁ、ちょっと遅れてしまったせいかしら?
帰っちゃったのかしら?なんて少し不安に。
 
 
そんな事思っててもしょうがないので、電話をかけると、丁度向こうから彼の姿が!
異国で会う知り合いというのはどんなものかと思っていましたが、
自分でも驚くくらいテンション上がってしまいました。普通に嬉しくて。
 
 
 
コレだけ聞くと、何か良い話じゃ無いすか。
異国で知り合いと会う。で、嬉しかったと。何か良いじゃない!旅っぽいじゃないの!
 
 
……何の因果か知りませんが、丁度その時待ち合わせ場所付近で音楽隊が演奏会してたんですわ。
何か、フルートとか太鼓とかラッパとかの本格的なやつ。行進とかしちゃうやつ。

P1010086_2
こんなん。
 
 
こんなんを背景に従えて、日差しの指す広場で。
駆け寄りながら笑顔で手と手を交わす韓国人と日本人。

…コレ、もう何か何らかのわだかまり解けてるでしょ。
和解して手と手を取り合って一緒に頑張っていけるでしょ。
宇宙船地球号の乗組員でしょ。
 
 
その一部始終を観ていた母も言ってましたよ。

「アンタ達…何か、映画みたいね…」

ほっとけよ。
 
 
 
その後はその人オススメの焼肉店に連れて行ってもらいました。
所謂観光地的な所で食べる焼肉も十分美味しいのですが、
今回連れて行ってもらった所は別格!!

現地のお知り合いがいらっしゃる方は、ガイドなんかに載っている
場所に行かずに、現地人オススメのお店に行くべきです。
マジ別格です。
 
 
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国にて その1

っつー訳でだいぶ時間が空いてしまいましたが、
行って来ました韓国。


Dsc00795_3
機内食。あり?機内食ってこんなお弁当スタイルだったっけ?


へ?何でこんなに更新が遅くなったのかって?
バカヤロウ!こちとら帰って来た次の日から働いとんのじゃよ!!
身も心もズタボロじゃったんじゃよ!優しさに身も心も委ねたいんじゃよ!!

まぁ、ちょっと疲れてましてね。ご容赦下さい。
 
 
で、ですね。
行って来た感想ですが、大っ変疲れました。
母が。色々あってやや心配していたマイマザーが。
『歩き続けないと死んじゃう呪い』でもかかってんのか!?っつーくらい歩かされまして。
もうセガールか母かっつーくらいの暴走機関車っぷりでした。
 
 
因に今回の旅行は3泊4日。
1日目は三成、
2日目は明洞、
3日目は弘大〜梨大、
4日目は東大門
というスケジュールでした。
 
 
次回から写真を含めてご紹介したいと思ってます。
期待せずにご覧下されば、コレ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして韓国へ… 総括

っつー訳で韓国編その4、総括です。
まぁ、4日目は帰国するだけでしたんで。

感想ですが、結構楽しかったです、韓国。
まず、物価が日本と比べて結構安い。円高な今は尚更です。

そして、これは人に依ると思いますが、食べ物が美味い!
少なくとも僕はかなり好きでした。お腹いっぱい食べてもあの価格は魅力的。
特に焼き肉は必ず食すべきです。価値観が変わります。特に豚肉。
価格・質・味共に、日本の焼き肉屋さんに行く気が無くなります。
焼き肉喰いに、も一回行っても良いくらい。

更に、治安もかなり良いです。
それなりの繁華街は深夜でもお巡りさんの巡回多いです。
下手したら日本の方が危ない気すらします。

ファッション、美容、食事、片道2時間程度で総額も国内旅行と似た感じ。
かなりアリではないでしょうか?ゴリ押しで日本語でもイケるし。
海外初進出の人にもお勧めです。

いつ死ぬか分からないこのご時世、興味がある方は今すぐ行って来るのだ!
飛行機2時間乗ってりゃ着くから!
その後の事は着いてから考えなさい!それくらいでも何とかなります。

という訳で、韓国編はこれにて終了です。
また来年辺りに行きます、韓国。首洗って待ってろ、韓国!!

《オマケ》
Ca3a0008
お土産にと勢いで買って来たCD。
流行に乗って「KARA」と「少女時代」と「ジャケ買いした謎のCD」。
…アイドル、やっぱ良く分かんないわ……。

歳とったなぁ〜…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして韓国へ… その3

そんな感じで、韓国3日目。
南大門・明洞という所謂繁華街へ。
思い詰めてどうぞ!

Ca3a0001
南大門へ行く途中の景色。海外とは言え、ここら辺は日本とほぼ変わりありません。
ちなみにこの河、人工のものなんだとか。景観のために車道を埋め立てて河にしたらしいです。
見ていると散歩をしている人も多く、意外と歓迎されているようです。
思い切った政策ですよね。


ここで1つ、ココを読んでくれている希有な方々へお詫びです。
実は不覚にも今回の旅行、あまり写真を撮ってきませんでした。
というのも、余りにも日本と変わらなくて…。
ですので、文章ばかりで退屈かも知れませんがご容赦下さい。


で、この日1つ目の街、南大門なんですが…。

アメ横です。
20071229022
ホント、↑こんな感じ。

どっちがモデルなんだか知りませんが、似過ぎです。
うっかりしているとオバちゃんにもの凄い勢いで物をオススメされるところまでそっくり。
途中で見るのダルくなる感じも、そっくり。もの凄い物量でした。

ちなみに我々「話かけてくる奴は皆敵!!」の精神で臨んでいたため、
基本押し売りはガン無視でした。
我が母なんか、話しかけられて「ハン!!」みたいな感じで撥ね除けていましたからね。
さすがジャパン代表。怖いぜ!


そして、2つ目の街、明洞へ。
この街は…もう、何て言うか…、
竹下通り。
エリア全体が竹下通り。

B11265
もう、ホント↑こんな感じ。逃げ場、無し。


Pap_0003
そんな街並に突如現れる大聖堂。テンションの違いにちょっとビビります。


そしてこの明洞という街、占いが盛んな街でもあります。
街の至る所に「占いカフェ(基本はカフェで、オプションで占って貰える)」があります。
何故か盛り上がってしまった我々は、目に付いたところにあった占いカフェへ。
よりによって、ビルの6階にある「Oz's Fortune Cafe」という怪しげな場所へ。
一体母と僕は韓国の何に挑戦する気だったのでしょうか?

しかしながら、この占いカフェ。意外としっかりした所で、価格も良心的(2000円くらい)。
先生は16年四柱推命をやられている方で、店員さんが日本語に通訳してくれるという安心の
お店でありました。
20〜30分くらい、やってもらえます。しかも、一件幾ら〜とかではなく、全体的に。
最後には「何か聞きたい事ありますか?」のオマケ付き。
占いって人それぞれだとは思いますが、結構オススメの占いカフェです。

因に、以下は僕の占い結果。

・性質は炎。
・人がよく、面倒見が良い。ほっといても人が寄ってくる。
・大器晩成型。40代以降は乱れんばかりに花開きまくり。
母親を大事にすると良い。
・独自の世界観が非常に強い。
・今は真冬の時期。頑張れ。
基本的に、女の人と付き合うのは向いていない。
・そのため、「コレ!」と決めた異性以外とは付き合わない方が良い。
・合う異性は「良く喋る、良く笑う」異性。
・ラッキーカラーは赤系、青系。
・2014年〜2015年は幸運の時。

7つ目!!先生、7つ目!!折れちゃう!!先生、折れちゃう!!通訳、笑い事じゃねぇ!!
あと、4つ目!!母、ニヤけてんじゃねえ!ドヤ顔すんな!!


という訳で、「良く喋る、良く笑う」女性、
我こそはという方は念を送って下さい。念を。


母も占って貰っていました。
そんな母から先生への、驚愕の質問。

「今の旦那とは別れた方が良いんでしょうか?」

母!!息子!!息子の前!!息子、泣いちゃう!!

それに対する先生の驚愕の回答。

「別れた方が良い」

先生ェェェェーーーー!!オブラートってご存知かァァァアア!?
息子、嗚咽しちゃう!!


大変オススメです。
明洞へ行った際には是非「Oz's Fortune Cafe」へ。


総括へつづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そして韓国へ… その2

という訳で、韓国2日目。
三清洞(サンチョンドン)〜狎鴎亭(アックジョン)です。
張り切ってどうぞ!

Pap_0009_2
三清洞の見所、北村(ホクチョン)。昔の街並、伝統家屋が見て取れるエリア。
まぁ、所謂古風だよね。
観光地らしく、日本人が沢山居ます。


Pap_0010
まぁ、もはや寺だよね。


Pap_0007
そんな伝統的な家屋達の裏手にある、今の街並。
うーん、こっちの方が趣ある気がするなぁ…。電線とかが。


Pap_0006
たまたま入ったカフェで何の気無しに頼んだワッフル。
あのね、ピンと来辛いかも知れませんが、猛烈なデカさです。
あと、激烈なアイスです。そして、熾烈なまでのバナナです。


そのままの流れで、今度はオシャレハイセンスの街、狎鴎亭へ。
国内・海外のブランド店が立ち並ぶ、表参道の様な街でした。
オシャレカフェも多く、芸能人も良く出没するとか。
それ目当ての日本のマダムも良く出没するとか。


Pap_0005
そんな街にある、会社の韓国人の人がお勧めして教えてくれた韓国料理屋さん。
ザ・韓国の味付け、という事でお勧めされるがままに入ってみました。


Pap_0004
キムチ鍋と、プルコギと、画像には無いけど卵焼きも頼みました。
他は全て付け合わせ(キムチ・オイキムチ・ナムル・韓国海苔)でタダです。
恐ろしい事に、これだけ頼んでも20000ウォン(1600円位)。安すぎです。
更に恐ろしい事に、これだけ頼んで、ほぼ食べ(れ)ない我が母。
ドイツの時もそうでしたが、この女は息子の胃袋クラッシャーなのでしょうか?
何のメリットがあるのだね、きみぃ?


もうお分かりかとは思いますが、韓国は結構物価が安いです。
円高な今は尚更です。
調子に乗ると、すぐ痛い目に合わせてくれます。
気をつけましょう。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして韓国へ… その1

という訳で、行って且つ無事に戻って参りました。

え?誰と行ったのかって?
母とだ!ママンとだ!!マイマザーとだ!!!
何か文句あるのか!?出てこいコノヤロー!!
マイルが溜まってタダで行けるタイミングが重なったから行ったのです。
決して…他に…行く奴が…居ない…訳では…無…ィ…。

今回のプランは
【初日】
お昼に日本を出て、午後に韓国着。
東大門という市場やファッションデパートのあるへ。
【2日目】
仁寺洞(インサドン)・狎鴎亭(アックジョン)という、
東京で言えば所謂表参道みたいなハイセンスと噂の街へ。
【3日目】
南大門・明洞という繁華街へ。
【4日目】
帰国
という感じでした。


まずは1日目。空港〜東大門です。

Dsc00747
到着ゲートを出てすぐのところにある謎の飲食店「Sanuki Bore」。ボレ!?サヌキ!?


Dsc00746
「Sanuki Bore」のメニュー。だから、ボレって何なのかね!?
めっちゃカタカナで書いてあるけどもさ!


母と合流し空港を出て、ホテルへ。


Dsc00748
可も無く不可も無いホテル。ちなみに1泊1人25000ウォン(2000円くらい)。
安過ぎじゃないかね!?


そのままの流れで、東大門へ。


Dsc00751
中々栄えていそうな雰囲気です。高層ビル。新宿みたい!


Pap_0014
ファッションビル、『doota!』。所謂パルコみたいな。
東大門中にこんなビルが「見れるか!!」っていうくらい何軒もあります。

因にこの界隈、ショップとか露店とかが大量にあるのですが、
多くのお店の平日の営業時間、何と翌朝5時まで!!
店員さんが普通に店の中で飯喰ってたり、化粧してたりします。
マジで眠らない街、韓国!!

そういえば、行きの飛行機の中での事です。

今回の旅行は僕は僕でマイルが貯まり、母は母でマイルが貯まっていたため、
飛行機が別便でした。出来るだけ時間を合わせて僕が韓国へ先入りしているという感じ。

僕も初めての韓国という事で、若干の緊張を覚えつつチェックイン。
そして、搭乗の列に並んでいる際ふと周りを見渡していて気がつきました。
意外と日本人の若い女性2人組の旅行客が多い!

マダム達が良く行ってらっしゃるイメージが強かったのですが、
やはり化粧品とか美容関係なんかで若い人も結構行ってるんでしょうね。


で、僕、1人じゃないすか。
飛行機の席も、1人じゃないすか。
隣の人は見知らぬ人じゃないすか。
可愛い女子とかだったらどうしよう!みたいな?
お喋りダム崩壊しとく?いっちゃう!?みたいな!?

そんな多少の期待感を込めて、飛行機に搭乗。
いざ自分の席に向かい、隣の人を確認!!


外国人(アメリカ)のマダムでした。


おかしいでしょう!?周り、日本人だらけだよ!?
結構そこかしこでキャッキャうふふしてる声してるよ!?
こん中から外国人引き当てるのなんて逆に難しいでしょう!?

しかも、その人がまた陽気な人で、滅茶苦茶話しかけて来たんですよ!
英語で。終止、英語で。だから、僕も頼りない英語で。お喋りダム崩壊させて。
周りの人達が楽しそうに日本語で会話してる中。英語。
別れ際に「ハバナイストリッ〜〜プ(良い旅を〜)!」とか言われちゃって。
「イェーイ!サンキュー!ユートゥー(アナタもね♪)!」とか返しちゃって。


母と合流した時、思わず
「お母さん、僕、久しぶりに日本語話しました」
とか言ってしまいましたよ…。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧